カディスの赤い星

d0032782_23195589.jpg

ボタニカル・アートの第一人者だった太田洋愛氏の遺作展
10日ほど前にお訪ねした・・二度目のこと
没後20周年・・李下に道あり・・沢山のファンが集まっていた

洋愛画伯のご子息は・・大学の一年後輩
同じクラブ・・50本ほどのギターアンサンブルで一緒だった
私は指揮だったが・・彼はフラメンコ・ギターを好んで弾いた
d0032782_2320660.jpg

「半分仕事で・・半分遊びだけど・・
セラニートを招いてフラメンコ・ギターのコンサートを開くことにしました
たまには・・いかがですか・・?」・
太田君からの誘いがあったのは・・去年の暮だったろうか

半分仕事というのは
彼の本業が・・テレビ東京ミュージックの社長
モーニング娘などを抱えるプロモーターなのだ
残りの半分が遊びなのは・・
言うまでもなく・・彼自身がフラメンコのギターを弾くからである
d0032782_23295162.jpg

日中・・前日から始まった菊池ビエンナーレの展覧会で
自分の作品を眺めた後・・妻を連れ立ってコンサートに出向いた

早めに着いた会場には・・
それらしき愛好家が多いように見える
今となっては・・メジャーな音楽ではないかもしれないが
一方では・・深くフラメンコを愛する人々もいる
d0032782_2330549.jpg

このコンサートのもう一つのコンセプトは
直木賞作家逢坂剛さんのステージ・トークで
コンサートをナビゲートするということだ
彼もまたフラメンコ・ギタリストでもある

「カディスの赤い星」・・彼の受賞作だが
スペインとフラメンコギターが舞台なのだ

ロビーで立ち話をしていた大田君から紹介されたが
逢坂剛氏は・・実は高校時代の一年後輩でもある
同じ時代にキャンパスにいたのだが
彼が作家だと知ったのは・・随分と後のことである

洒脱なトークで・・伝説のマエストロと・・
それを継いでゆく若きギタリストの素描が
音楽の合間を埋めあわせ
切々とした哀感に共振する心情を
何とはなしにニュートラルに戻してくれたりもする
おしゃれなコンサートなのだ
d0032782_23302215.jpg

マエストロ・・この言葉が一番ふさわしい
ビクトル・モンヘ・セラニート・・私と同じ歳
しかし・・彼はまぎれもなくマエストロ・・巨匠である

音楽が早くなればなるほど
激しくなればなるほど・・
彼の指はしなやかに・・力を抜く
音は強いが・・優しく
6本の弦は・・それぞれに琴線なのだ
d0032782_23303551.jpg

一緒に演奏した沖仁・・日本を代表する若手のギタリストだそうだ
セラニートのもとへ押しかけ・・入門を乞うた折り
「・・弾いてごらん・・」といわれて弾いたファルーカを
途中で遮られて・・最後までは弾かせてもらえなかったとか・・

「今夜は最後まで弾かせてもらえるでしょうか・・?」と言いながら
聴いている者全てを魅了して・・最後まで弾いた

いつの日か・・大半の力を抜いても
強くて・・激しくて・・甘くて・・切なくて・・
そして・・セラニートのような優しい音色を手にするためには
今は・・若者らしく力強い演奏こそがふさわしい
充分に・・将来を予見させる演奏だった
# by kamadatetsuya1017 | 2009-04-03 01:09 |

野辺の花

まずは・・このブログのタイトル・バックの歌を聴いてくださいますか・・
うめのかずこ
d0032782_22111018.jpg

1987年から10年間・・クラップス・コンサートという
クラシックとポップスを一緒に演奏するコンサートを主催してた時代がある
クラップス・コンサート
そのコンサートの歌手が・・うめのかずこ・・だった
シャンソンを得意にしてるが・・スタンダード以外に
私が詞を書き・・親友のミュージシャン丹羽元夫が作曲したオリジナルも歌った
「野辺の花」・・はその中の一曲・・いつもフィナーレで歌った
ちなみに・・タイトルバックの演奏は・・丹羽のキーボードである
d0032782_22111568.jpg

今・・彼女は福岡を拠点に・・
ライブでシャンソンを歌い・・スタジオで教えてもいる
つい先月・・展覧会で福岡に出向いた折り・・・久しぶりに再会した
「折角のブログ・・せっせと更新しなきゃだめじゃない・・か」
「・・・」
忙しいのと・・不得手なのとで口ごもった
それが・・このブログ・・
でもタイトルバックに私の歌を使ってくれている
ちょっと紹介したい気分になった
d0032782_22111848.jpg

オーケストラ・バックで歌ったり
同じ舞台にいるジャズのピアノ・トリオでも歌った
どちらをバックで歌うにせよ・・歌手としての実力を試される
そう仕掛けたのは・・彼女の恩師ともいうべき丹羽元夫だった
オーケストラの後ろでドラムスを叩いているのが彼である

一部では・・室内楽などのクラシックを演奏し
二部では・・シャンソンやジャズ・・
それに書き下ろしオリジナルを数曲発表するのが恒例
ユニークなコンセプトが評判になって毎年・・チケットは完売した
d0032782_22112374.jpg

彼女のために作った歌は・・50曲ほど
今でも・・スタンダートのシャンソンの合間に・・
オリジナルをまじえて歌っている

二枚目のCDをリリースしたとき
頼まれてライナーノーツを書いた
既に陶芸家に転向していたが・・
歌とやきものの間にさえ・・
共通するもののあることを知ってほしいと
書いたのがこれだった

福岡近辺にお住まいの方
何かの折りに見つけたら・・
応援してやってくださいと・・お願いでした
# by kamadatetsuya1017 | 2009-03-27 22:56 |

南総のポピー

d0032782_2159358.jpg

目が覚めて窓を開けたら・・
春らしい陽ざしが舞い込んできた

老母を見舞いながら・・南総の花畑に・・というより
花畑の帰りに・・老母を見舞う・・が正確かも・・笑
d0032782_2159237.jpg

久し振りにカメラを積んでひた走った
窓を全開にして・・暖かな風を全身に浴びた
こういう日なら・・ドライブもいい
独りきりも・・それもいい
d0032782_21594011.jpg

房総半島の内陸を縦断するハイウェイ
月曜日だもの・・まるで貸切りみたい・・
南端の館山・・少しそれて白浜で
ポピーの花の中に埋もれてレンズを向けた
d0032782_21595387.jpg

目の前に太平洋が・・
水平線の向こうはオバマのアメリカ・・笑
少し波立っている・・不況の荒波・・?
ブッシュのアメリカのつけかもしれない
d0032782_220629.jpg

ポピーは可憐な花だが・・
でも・・けし・・悪女が宿る妖精なのかも・・
d0032782_2201795.jpg

シフォンのドレスをまとって・・
やっぱり妖艶でもある・・な

正気に戻り・・慌てて老母の見舞いに向かった
少々病いも進行して・・老母の日々は
このお花畑の中にいるみたいでもあるようだ

穏やかなら・・このお花の中にいるのが・・いい
そうも思えるのだ・・
# by kamadatetsuya1017 | 2009-03-16 22:27 |

めっぽう贅沢な・・春です

d0032782_230434.jpg

今日・・通知が届いて・・
第49回東日本伝統工芸展
3年連続3回目の入選でした

今年に入ってから・・
できるだけ集中して・・制作に打ち込んできました
大きな展覧会がふたつ・・締切りが迫ってたからでした

これで・・この春の展覧会は全て
展示は全部で・・三つの展覧会となりました
贅沢な・・春でしょ・・自分が一番判っています
d0032782_2302093.jpg

これは去年の秋に・・審査は終わっていましたが
展示は・・3月の末から・・6月まで・・ロングランです

全国公募ですが・・入選は50点ほど・・初出品初入選です
贅沢な空間を・・照明の効果を利用して演出するので
独特な雰囲気が楽しめますよ
d0032782_2303979.jpg

正月は・・この展覧会向けを制作することから始まりました

16回展から5回連続入選でした
特に・・今回は賞候補に選抜されました
アカデミーで・・最終審査にノミネートされたようなものです
受賞は逃しましたが・・名誉なことです

三つとも難関ですから・・
通れたことを・・素直に喜んで
秋に向かうことにします

また新しい作品を・・
更に改良を加えて完成度をあげる・・
生き残る道は・・きっとそれだけ・・
苦しいけれど・・でも・・楽しいのです
# by kamadatetsuya1017 | 2009-03-09 23:15 | 陶芸

silent majority

浅草寺に続く仲店通りで・・
托鉢僧に出会った
喧噪の中で・・僧ひとりが
呟くように・・読経していた
d0032782_2232618.jpg

silent majority・・声なき大衆
久しぶりに・・この言葉を思い出す

誰も・・何も・・言わなくなった
托鉢僧のように・・
僅かに唇が動いても・・silent majority

大衆は勿論・・学生も何も言わない
宗教者たちだって・・大声をださない
大声なのは・・
壊れたボリューム・ボタンのようなテレビだけ・・

大昔・・マクルーハンってのがいて
アジテーションなら・・
テレビじゃない・・ラジオだと
だから・・テレビが騒いでも
大衆はちっとも動かない

未曽有の危機・・と言いながら
未曽有が読めない政治家・・
未曽有は読めても・・
酒は止められない政治家
酒は止められても・・
舌禍垂れ流しの政治家

未曽有の危機は・・
このていたらくの方だ

昔・・だったら・・今ごろ・・
全学連が永田町に押し掛けた
怒声と罵声の中で・・
政治家は震え上がったはずだ

どんな時代でも・・
維新の原動力は・・若者たちだった
立ってほしい・・と思う
饒舌のテレビにできるはずのない
本当の維新を・・若者に期待したいのだが・・
# by kamadatetsuya1017 | 2009-02-28 23:15 | 未分類

賞候補・・に

d0032782_23461513.jpg

第20回日本陶芸展・・書面の入選通知が届きました
これで・・ひと安心
やっぱり活字でないと・・どこか・・?・・笑
そそ・・ふる~~い人間なのです

雑誌「陶遊」の連載のこともありますから
入選を確かなものに・・笑・・と封を切りました
中に入れてくれていた招待券がこれ・・
d0032782_2346277.jpg

「???・・!!!」・・これが気分でした・・笑
「うっそぉ~~!!マジッ!!」です

『6票・・賞候補』・・これを極くかいつまんで翻訳しますと

「あなたの作品は・・
約600点の応募作(一部伝統部門)を・・6~7名の審査員が
○×で入選と選外に振り分けた一次審査で・・6票を獲得しました

翌日の二次審査において・・
上位約90点ほどの入選作の中の
15点ほどの賞候補に選抜されました
受賞には届きませんでしたが・・賞状を授与し 
図録の上位に「賞候補」と記載して掲載します

とまぁ・・そんなところなのです
大真面目に書きますが・・実に名誉なことです

少々乱暴な書き方で恐縮だけど・・
「・・ほぼ1000人の応募者の中で・・
満票で入選を手にし・・その上
ベスト20の中に序列されましたよ・・」

52歳で始めた晩学陶芸が・・
幾ら図々しくても・・ここまでは望めません
 
0.2%の5回連続入選だけでも
そりゃもう・・とんでもないことだと思っていまして
「賞候補」まで指数にしたら・・
この確率・・天文学的分の一になってしまいます・・笑

率直に・・この嬉しさをかみしめて
次を目指す糸貼りにかかることにします

別室のブログに・・もう少し詳しく書きました
寄ってみていただければ・・幸いです

桃青窯696
# by kamadatetsuya1017 | 2009-02-08 00:14 | 陶芸

第20回 日本陶芸展・・

d0032782_22252393.jpg


夕方の7時少し前・・コイン・パーキングに車を停めた
7時から会合があるのだが
展覧会の入落を知らせる電話の開始も7時なのだ
じっと・・待った
こういう時の時計の針は・・老人の杖のようにゆっくりである

6時58分・・しびれをきらしてダイヤルボタンを押した
「まだ・・だめでしょうか・・?」・・意外にも
「どうぞ・・!」
「1○9○番の・・△▲▽▼ですけど・・」

「・・・・・・・」
多分ほんの数秒だが・・これが長い
「あっ・・おめでとうございます・・入選です!!」

途端に空腹に気づいた・・会合には確か夕食がでる
「急がなきゃぁ~~!」だった

第16回 17回 18回 19回と・・続いた連続入選
5打席目がヒットになる可能性は・・どれくらいだろうか?
算数苦手には不向きだが・・簡単ではなさそうなくらい分る

従来と似たような経緯なら・・
1、000人が応募して・・生き残れるのは180人そこそこ
簡単なわけがない・・新顔が混じってきてるというが
それでも・・この業界では名の通った作家が目白押しである

よくもまぁ・・生き抜いてこられたものだ
5回・・8年が流れた
随分長い時間のようでもあり・・短かったようでもある

このレベルの展覧会では・・
自分で自分の作品に・・わずかでも不満が残ったら
大抵は・・選外である

通る・・通らないはともかく
今の自分にはこれ以上は無理だ・・
そういう意味でのベスト・ワンでなければ
到底勝てないと思うべきなのだ

おまけに・・今回の応募
「第20回日本陶芸展への道・・脱サラ陶芸家の公募展挑戦記」と題して
陶芸の月刊専門誌が・・密着取材している
連載で・・結果まで追うというのが企画趣旨

アマチュア陶芸家への応援歌・・
「あなたにも・・デ・キ・ル!」がメッセージだとすれば
やっぱり選外でより・・入選のほうが効果的なのは言うまでもない

今朝からやや食欲をなくしていたのは・・
引き受けたときより・・今頃になって
選外のプレッシャーが押し寄せてきたのかもしれない

雲は・・晴れた
あとは編集者の筆力まかせ・・
久しぶりの仲間の集まりでたらふく食べた

「糸抜き波状紋大鉢」・・写真はあるが
今は掲載できない・・展覧会の展示が優先である

全ては・・幸運にも良い方向に向かったが
嘘はつけないから・・正直に・・
第三部に提出した「黒天目鍔広組鉢 六客」は・・
・・選外だった・・

これをいち早く引き取らせるために・・
搬入してわずか三日で・・
入落を電話で知らせる仕組みになっているのだ

欲張るつもりは微塵もない
ただひとつ・・糸抜き波状紋大鉢・・が通った
それで・・いい

昨日・・ちょっとした不注意で転んで捻挫した
嫌な予感がしたが・・何事もなく
滑った・・転んだ・・で選外の憂目に会わずに済んだ
# by kamadatetsuya1017 | 2009-02-02 23:10 | 陶芸

てつ56 この道は・・ (95/569)

d0032782_0323275.jpg

良かれ悪しかれ・・
結局のところ・・この人生は自分で決めた道
幾つかの岐路の・・右・左を選んで生きてきた

あっちの道を歩いたらどうなっただろうか・・?
思わぬではないが・・きっと
どちらにせよそう大した違いはなかったはずだ

過ぎ去った日々のことで悩むのはよそう
今が・・お前の人生だよ・・
誰かがそう言ってるように・・聞こえる
# by kamadatetsuya1017 | 2009-01-17 00:39 | ことば

目下開催中・・です

d0032782_2335188.jpg

『第4回伝統工芸陶葉会作品展』・・が
6日の火曜日から12日の祭日月曜日まで
千葉三越7階特選画廊で開催されています

d0032782_2336274.jpg

この作品展は・・千葉県在住で・・
日本工芸会に所属する陶芸家が集まって
公募展とは一味ちがう身近な作品を
展示販売するという企画です
d0032782_23361324.jpg

私も去年から入会が認められ
出品することになりました
そんなわけで・・いつもの波状紋皿とは違う
天目の黒に同じ鉄釉を併せ掛けした器を出品しています
d0032782_23362512.jpg

9日の金曜日は・・
午後2時から7時まで
当番で会場に詰めています

もし・・お近くの方がおられたら・・ご笑覧を・・!

本選の日本伝統工芸展で展示される
どちらかといえば鑑賞に傾いた大物作品とはちがって
日々使える食器の類が多いせいもあって
結構楽しい展示だと思います
d0032782_23363953.jpg

糸抜き波状紋も・・
大皿ではなく・・壁花入れにして作ってみましたら
ありがたいことに初日にお買上げがありました
新年早々・・嬉しい初日でした
# by kamadatetsuya1017 | 2009-01-07 23:56 | 陶芸

新年のご挨拶

d0032782_1221351.jpg


暗いからこそ光って見えるもの・・
それが・・『星』・・であり
そして・・
それを・・『希望』・・というのだと・・思う

一人が生きるだけなら・・食糧があればいい
しかし・・
大勢が生きるためには・・希望がないと・・
そういう年になってほしいな・・てつ
# by kamadatetsuya1017 | 2008-12-31 01:23 | ことば