<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新年のご挨拶

d0032782_1221351.jpg


暗いからこそ光って見えるもの・・
それが・・『星』・・であり
そして・・
それを・・『希望』・・というのだと・・思う

一人が生きるだけなら・・食糧があればいい
しかし・・
大勢が生きるためには・・希望がないと・・
そういう年になってほしいな・・てつ
by kamadatetsuya1017 | 2008-12-31 01:23 | ことば

恒例のお餅ランチ

d0032782_225820100.jpg

毎年暮れの28日は・・
それが何曜日であろうと・・餅つきと決まっている
かつて病院の事務長だった時代からの恒例
その病院の敷地の一部の地主さんだったOさんの家でつく
d0032782_22583159.jpg

Oさんは農家・・でも
舅姑を亡くしたあと・・ご主人にも先立たれた
だから昔のように盛大にとはゆくまいが
自家用の食材なら・・お手のものってわけだ
d0032782_22584360.jpg

私の黒天目の大鉢をもっていった
白い餅が似合うはずである
Oさんお得意のねぎからみ餅
大根おろしにねぎを和えて餅を包む
採れたてたてのねぎでないと駄目だそうだ
大根の辛みにねぎの甘さがかぶって実に美味い
d0032782_22585750.jpg

雑煮に使う小松菜もしゅんぎくも
裏の畑で収穫・・採れたてである
d0032782_2259696.jpg

昼になると・・みんなでつきたて餅を食べる
雑煮に始まって・・からみ ねぎからみ 黄粉 アンコ
まさに餅三昧である

毎年この日にしか会えないこの家の親戚仲間たち
10年余の歳月がうそのように・・いつもの通りである
やがてついてもらったちん餅の板を抱えて
それに自家製の漬物をいただいて別れる
また・・来年の今日までの・・一年が始まるのだ
by kamadatetsuya1017 | 2008-12-28 23:18 | 食べ物

初冬のセカンド・ハウス

私は・・商家に育った・・だから
住まいにはいつも大きなダンボールがあって
大袈裟にいえば・・倉庫に住んでるみたいな気分でもあった

ボロ家だが・・広い
陶芸に転じて・・これだけが有難い
汚れても・・あまり気にしないで暮らせるからだ・・
d0032782_23154672.jpg

小回りの利かないこの家はほっといて
富士山麓に・・セカンドを建て直して15年
ここだけは・・住まいらしい住まいにしてみたかった
ほとんど自分で図面を書いて
そのままに作ってもらった家である

目の前に富士がそびえて
幼かった子どもたちが・・
巣だって独立した今までの時間さえ
僅かな変化でしかないように・・
その姿は・・微動だにしていない
d0032782_23162999.jpg

真夏に冷房装置は要らないが・・
晩秋からの寒さに・・暖房は欠かせない
街中では不都合な暖炉も
ここでは・・・・安らぎでもある
d0032782_23364337.jpg

酒も珈琲も・・一味違うのは
蛇口に富士の地下水が届くから・・
酒飲みが・・そう云う
d0032782_23425191.jpg

お気に入りのリクライナー
別々に買ったリクライナーとスツールを
同じ英国調のクロスで貼り直してもらった
まるで最初から一つだったみたいで
長々と脚を伸ばせる
d0032782_23463056.jpg

今では吸うこともなくなったスモーキング・パイプ
その昔・・海外に取材に出たときに
少しづつ増えていったコレクションである
d0032782_23491232.jpg

確か・・これを「バンカーズ・ランプ」と言ったような気がする
古いヨーロッパ映画などで見かける銀行で使っていたから・・
手元だけを明るく・・落ち着いた雰囲気を誘ってくれる
d0032782_23524384.jpg

スペインで活躍する同級生の石井崇画伯の絵・・
この壁に・・ずっと予定されていたかのようだ
d0032782_2356392.jpg

二枚の油彩は・・私が描いたが
星形のパッチワークは・・親友の夫人の作品
吹き抜けの壁がシックに華やぐ・・
d0032782_022218.jpg

確か東南アジアから輸入されたダイニングテーブルだったはずだ
大きな丸いテーブルがほしくて・・随分探したのを思い出す
d0032782_081947.jpg

このベランダで・・食べるのが楽しみで
そのための家だったかもしれない
大勢で賑わった時代もあるが・・今は・・静かだ
でも・・ここが私にとっては『家』のような気がするのだが・・
d0032782_8282835.jpg

ひさしぶりに・・出かけた日曜日・・
雲ひとつなくはれ上がった碧空に
冠雪の富士が見事だった
by kamadatetsuya1017 | 2008-12-21 00:02 | 未分類

ピアニスト 武藤晶子

d0032782_2359072.jpg

ライブ・コンサートがやがて始まろうとして
だから気になるとこだけでも・・リハーサルを・・って
そこまではいつもの通りだったが
突然・・「ちょっと眼医者さんに行ってくるわ・・」
我慢してた痛みが限界だったらしい
やがて・・おおきな眼帯をつけて現れたピアニスト
それが武藤晶子だった
もう20年も昔のことだろうか・・

譜面が読めなきゃ弾けない・・なんて
そんなヤワなピアノじゃない
その夜・・彼女のピアノで歌ってたのが・・
うめのかずこ
今でも福岡で歌っている・・
ライブのシャンソン歌手の合間に教えてもいるようだ
ウェブのバックで聞こえてくる歌は・・
私が書いて旧友の丹羽元夫が作曲した「野辺の花」
「福岡じゃさ・・結構人気あるのよ・・
私のライブは・・いつもこれがフィナーレだもん・・」

うめのが歌って・・武藤が弾いた
それが・・Claps Concertだった
それぞれに・・住む世界は違ったが・・
音楽仲間としての・・つながりは今でも色濃いものがある
折々の折りにも書いたことがある
d0032782_2359878.jpg

久しぶりに・・武藤さんのジャズを聴いた
遠い日・・初めて彼女のピアノを聞いたとき・・
彼女にとって・・ピアノは愛馬のようだった
存分に乗りこなして・・そして・・
気持ちよく走らせている・・そう思った・・だから
このピアノで・・気持ちよく歌えない歌手がいたら・・
そりゃ下手ってもんだ・・そういうピアニストなのだ
彼女に弾いてもらいたい歌手は・・たくさんいる
d0032782_003519.jpg

専門的なことはわからないが・・きっと彼女のピアノは・・
余計なフレーズを入れたりしない
もってまわったような感情移入もしない
必要な音だけで・・必要な音楽はできる
気持ちのよい音楽・・ってそういうもんだ
確かな音楽ってのも・・そういうもんだ・・と
d0032782_23593399.jpg

久しぶりに・・武藤さんのジャズを楽しんだ
by kamadatetsuya1017 | 2008-12-03 00:46 |