<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

個展デビューが近づいて・・・

d0032782_19563470.jpg

9ヶ月もあった約束の時間も・・
過ぎてみればあっという間の星の瞬き・・
その間に・・激痛の入院生活もありました
難関の展覧会に立て続けに入選する幸運もありました
不思議な一年でしたが・・
こうしてまた新しい道を歩くころができる悦びを
密かに神に感謝なのです
d0032782_12103093.jpg

近日中に発送するこのDMが手元を離れれば
後戻りのきかない「道」でもあります
「初めて・・」の恐さとときめきを大事に
あと一ヶ月・・最後の追い込みに入ります

ご無沙汰が続いて・・ほんとに申し訳ありません
↓のご挨拶が・・工房に巣篭もりして過ごした
晩学陶工の・・こころの表れと思っていただければ・・


                       初個展開催のご挨拶

この10年、公募展への出品に全力を投じてきましたが、昨平成19年は「日本陶芸展」「伝統工芸新作展」「日本伝統工芸展」と立て続けに難関を突破することができ、陶歴13年にしては望外の実り多き年にすることができました。

これを機会に、個展への意欲を感じ始めましたところ、幸いにも東京青山の『蓮花画房』さんから個展開催のオファーを頂きました。
初めてのこと故に少し時間的なゆとりがいただければという、私の我侭を寛大にもお聞き取りいただき、9ヶ月後にということでお約束しました。

さて、幾つかの試作をしながらと思った矢先の病で入院手術を余儀なくされ、貴重な数ヶ月を失いました。
体力、気力の回復も不十分ながら、それでも工房にこもって作陶を再開したのは秋も深まってからのこと、焦燥にかられながら夢中で轆轤と窯に対峙する日々が続きました。
土を挽いて乾燥を待つのも、窯に入れて冷めるのを待つのも、陶芸は何をするにせよ時間がかかるのが宿命、一年が一ヶ月にしか思えないそんな日々を思うと、頭に描いたイメージは時間の恵みなしには到底叶わぬものと実感するのでした。

約束の時が近づきました。決して充分とは言えませんが、それでも幾つかの作品を発表させていただくことにしました。
「食のうつわ展」と銘打ったのは、食器作りが好きだからでもありますが、実用に供し、使うことで風合いを増す器の美しさに魅かれるものが多いからでもあります。
更に言えば、使って愛着が生まれるころに、ふと手元が狂って落として壊れるその儚さもまた実用陶の魅力だと思ってきました。

ややもすると、大きさや緻密な加飾の華麗の故に鑑賞に偏る公募展への出品とは違った実用の陶を作ることで、作家のこころに宿る微妙な調和を大事にしたいと願ってもいます。
初個展を迎える悦びに胸を躍らせながらも、しかし多くの使い手の目にどう映るのかにいささかの不安を覚えますが、更に精進を重ね、魅力的な食器作りを心がけて参ります。
別紙を添え、ご笑覧賜りますよう心からお願いし、謹んでご案内させていただきます。
なお会期中、全期間在廊します。お目にかかれる機会を心からお待ち申し上げます。

                                            桃青窯 三 崎 哲 郎

by kamadatetsuya1017 | 2008-01-27 20:24 | 陶芸

遅ればせの『謹賀新年』

d0032782_192299.jpg

この楽器・・ご存知だろうか?
チェロ?・・確かに似てる・・でも少し違う
チェロは四弦だが・・これは六弦だし
指板にギターのようなフレットがついているでしょ

実は・・これはヴィオラ・ダ・ガンバという楽器
信長から家康のころにかけて
ヨーロッパで盛んに演奏された弦楽器なのだ

今日のヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの
あのヴァイオリン・ファミリーの前の楽器なのだが
だからといって・・
ヴァイオリンの前身とばかりも言えないらしい

いずれにしても・・古楽器のひとつ
チェンバロやリコーダーと一緒に
バロック期の音楽再現を楽しむ愛好家が増えているのだそうだ
d0032782_19222543.jpg

この写真のbassocontiさん夫妻は
そうした愛好家であると同時に研究者でもある

ヴィオラ・ダ・ガンバを弾いている夫人は
実は・・私の陶芸教室の生徒さんでもある
去年のいつだったか・・稽古の折りに
ガンバの話になって・・私の興味に火がついた

この古楽器のことは知ってはいたが
実物にふれたことも
生の演奏を聴いたこともなかった
そんなわけで・・
お招きがあって・・夫妻のスタジオを訪ねたわけだ

自宅三階のロフトがスタジオ
ハープシコード(チェンバロ)があって
ガンバがあって・・リコーダーもある
ふと日常を離れた・・三昧の風情が漂う

ひとしきり・・夫妻の演奏を聴いた後
「やってみません・・?」
初めてヴィオラ・ダ・ガンバを膝に挟んだ

子どもの頃に稽古したヴァイオリンのおかげだろうか
弓に違和感はない
だだし・・6弦を単音で弾くのは厄介だ
駒の傾斜が浅いから
運弓が悪いと・・隣りの音と重なってしまうのだ

僅かな時間だが・・夢中で弓を運んだ
この数ヶ月・・
個展の準備でこもっている工房を離れ
こんな時間が・・大事なリラクゼイションだと思えた
d0032782_19223943.jpg

これは・・私である
ぎこちないが・・あの小さなヴァイオリンに比べれば
身体に馴染みはいいようだ・・

「合奏してみましょう・・よ!」
数小節の単音を繰り返し弾いていれば
その低音通奏の上に・・チェンバロとリコーダーが
あの独特な響きのあるバロックを重ねてくれる
下手と上手が一緒に演奏できるのも
バロックの良さだと・・bassocontiさんが言ってくれた
なにやら一緒になって・・宮廷サロンにいるようだ

ピアノ・・フルート・・チェロ・・それも悪くない
しかし・・
チェンバロ・・リコーダー・・ヴィオラ・ダ・ガンバ
バロックの大らかさ・・深いところで癒しのひとときだった
d0032782_19301471.jpg

無事個展が済んだら・・
夫妻の演奏会にも行ってみたい・・そう約束した

元旦に窯を詰め・・二日に焼いた
そのまま・・工房の日々が続く
最後に選べるように・・作品を積まねばならない

さて・・バロックから戻って
今夜もこれから・・釉薬を掛けることにした
数日後には・・また窯焚きが待っている

すっかりご無沙汰のブログだけど
訪ねてくださる方がいて・・
こころから恐縮しながら
更新できないまま年を越してしまった

もうしばらく・・集中が必要だと思っている
重ねてお許しを・・
by kamadatetsuya1017 | 2008-01-06 20:37 | 未分類