<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

彼岸花(オーレア)

d0032782_14525964.jpg

土曜日の早朝
妻と桃次郎を連れ立って
墓参りにでかけた
d0032782_14531051.jpg

車で10分ほどの大きな霊園
近いのがありがたい
少し時間がずれたら
往復だけで渋滞してしまうほどに混む
d0032782_14531993.jpg

気のせいか・・墓が荒れてる
雑草が生い茂って
古くもない墓石を包むがごとくだ
墓が荒れてるのは
ひとのこころもすさんでるからだろうか
d0032782_14533050.jpg

赤い彼岸花は珍しくないこの時期
しかし・・黄花のオーレアが
静かに咲いていた・・
人心を諭すように・・実に美しかった

てつ56・・more(41/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-25 15:19 |

頓・・沈・・閑

d0032782_2344860.jpg

『スーさんや・・今表を通ったんは・・
このところ窯焚きで忙しくしてる
窯だ徹夜のKamadaさんみたいだね・・?』
d0032782_23482220.jpg

『モーさん! やぁーですね・・違いますよ
今表を通ったんは・・
このところ窯焚きで忙しくしてる
窯だ徹夜のKamadaさんで・・す・・よ・・』

d0032782_2352526.jpg

『おやおやスーさん!・・そうだったんかい
あたしゃ・・またてっきり
このところ窯焚きで忙しくしてる
窯だ徹夜のKamadaさんかとばかり・・』
d0032782_23561657.jpg

『やれやれ・・またおんなじことを・・
ちがいますよ・・!今表を通ったんは
このところ窯焚きで忙しい
窯だ徹夜のkamadaさんですってば・・モーさん
まぁ・・窯だ徹夜のkamadaさん窯焚きで
忙しくしてるってことにしときましょ・・笑』


てつ56・・more(40/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-23 00:42 | 未分類

秋桜

秋の・・そこはかとない憂いを量るなら
コスモスがいい・・
d0032782_083637.jpg

秋の・・深いため息を量るなら
やっぱりコスモスがいい・・
d0032782_085565.jpg

秋の・・こころ穏やかな癒しを量るなら
それもコスモスがいい・・
d0032782_09864.jpg

コスモスが咲いて
ひとは・・秋を知る

てつ56・・more(39/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-17 00:24 |

回想の海・・九十九里浜

d0032782_1334310.jpg

房州九十九里・・白子の浜
40数年前のひと夏
この白砂に腹ばった青春の日々があった
1964年 大学3年の夏休みだった
d0032782_1335512.jpg

海を背中に一本道を僅かに歩くと
この豪壮な網元の家がある
いわし漁で栄華を極めた
昔日を今に伝える見事な普請である

あの懐かしい夏と何も変わっていない
くぐり戸のついたかんぬき門扉が
モダンになっただけ

ゆうに二階分の高さがあって・・しかし
これで平屋建て
建坪だけでも百坪はあったろうか
あの青春の夏は・・
この広すぎるほどの大きな家で・・
今は亡き老婦人と私のふたりきりだった
d0032782_13493.jpg

お婆さんひとりでは
グルリと取り巻く70数枚の雨戸を
毎日開け閉めすることさえ叶わない
だからそれをするのが毎朝毎晩私の勤め

庭の隅の井戸から水を汲んで
庭に撒くのも 浜で泳いでもどる午後の日課だった
d0032782_13423100.jpg

この玄関から入った正面に
書院造りの主の部屋があった
お婆さんは・・
私をそこに寝泊りさせた

大きな座卓に座って
毎日読書三昧に過ごした一ヶ月だった
読み疲れれば・・
あの浜で海に浸かり 風に吹かれて
うとうとするのも気持ちのよい午後だった
d0032782_1343593.jpg

プーシキンから始めて
ロシア文学のめぼしいものはほとんど
ここで読んだ

一日333ページはノルマ
読み耽った夏休みの終わりに
それは1万数千ペ^ージになっていた

生涯に一度
忘れることのない夏・・

昨日の午後
この家を見つけて
暫く回想に耽った
あのお婆さんは・・今は亡い

もしお暇があったら・・
ここにも書いたことがあったっけ

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-12 02:41 | 自然

憂愁

d0032782_22532444.jpg

秋の日の陽射しは・・まるで
スポットライトのように
朽ちゆくものに集まる
d0032782_22534025.jpg

僅かに永らえる命よ・・
温みは更に短い
d0032782_2253554.jpg

灼熱に見せなかった
憂愁にこそ・・花は花なり・・
d0032782_2254818.jpg


てつ56・・more(37/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-08 23:21 |

幕張の海・・

d0032782_2044862.jpg

この一本の道が続く海辺・・
私が子どものころ・・ここも海だった
満潮の潮に追いかけられて走るほどの
遠浅の海・・潮干狩りの海だった
d0032782_2053149.jpg

埋め立てられたが・・それは海だけのこと
空は埋められないらしい・・・
だから・・子どもの頃と同じ夏の空・・
d0032782_2062052.jpg

はるか向こうにメッセが見える
田舎は都会に変わった・・のだ

成田空港からの帰り道・・
久しぶりに懐かしい海に寄った
この空の向こう
息子夫婦が・・イタリアに向かって
ハネムーンにでかけた昨日の午後のこと・・

てつ56・・more(36/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-05 20:35 | 自然

オーニソガラム

d0032782_721060.jpg

スタジオに花を持ち込むとき・・
一番気にするのは・・背景
d0032782_722256.jpg

ここには自然の色がないから
背景は・・自分で作らねば・・
d0032782_743456.jpg

白い花が・・白く見えるには
白でない色がほしい・・
d0032782_724845.jpg

その加減がいつも難しいな・・
フィールドでなら
探せばいいことだけど
ここでは作る・・だからだ

今日の場合
種明かしすると・・背景には
少しカラフルな雑誌の表紙を立てかけて・・


てつ56・・more(35/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-09-03 07:20 |