<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

タチアオイ

d0032782_5501346.jpg

ネアンデルタール人が・・・死者に手向けた花
6万年前のタチアオイのことらしい
d0032782_5502843.jpg

下から咲き始めた花が
頂上に達するころ・・梅雨が明けるとか
d0032782_5504468.jpg

ひまわりよりも・・
朝顔よりも・・
この花に夏を感じる
d0032782_5505613.jpg

太陽に向かってすっくと立ち・・
洗いざらしの綿シャツを
サラリと身にまとう・・・
d0032782_551862.jpg

そんな女性みたいだ・・

てつ56・・more(12/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-07-07 06:23 |

殿様拝領の・・・

d0032782_21445311.jpg

文政っていうから・・天保のちょっと前・・やがてペリーの黒船来航のころだ
後にこの金糸の打ちかけを着ることになる
ひとりの若い女性がお城にあがった・・
浜松城・・老中井上河内守の許である
d0032782_21543467.jpg

四十歳で若年寄 四十六歳で年寄りとなり・・五十四歳でお城下がりとなったらしい
家名とともに拝領したのがこの急須だったようだ
d0032782_2159268.jpg

これを初めて見たとき・・・酒注かと思った
形が変わっていたからだ
でも 茶漉しの穴があるからやっぱり急須だとわかった
d0032782_2223829.jpg

このお婆さん・・どうやら私のご先祖である
浜松藩主でもある幕府老中 井上河内守のお側用人
殿様の奥向きを仕切ったのだろう
d0032782_2294078.jpg

下世話にも何やら艶っぽさなど想像したりもするが
養子をとって名字帯刀を許されたところをみると
殿さまの信頼厚かったに違いない
d0032782_22115210.jpg

晩年に身につけたと伝わる打ちかけの端切れと共に
我が家に伝わるこの急須
六代を経て・・まさかの陶芸家の手許に残った・・ことになる

実に手のこんだ急須である
薄手の磁器に藍の染つけ
玉露煎茶に似つかわしい急須のようだ
よくも壊れずに残ってきたものである
by kamadatetsuya1017 | 2006-07-04 22:41 | 陶芸

常陸牛ステーキ

d0032782_2131491.jpg

「筑波山中にね・・飛騨の合掌作りの古民家を移築したレストラン・・
そこで・・常陸牛のステーキだって・・行ってみる?」
d0032782_21312968.jpg

道中・・カサブランカが沢山咲いてた
「なんでここでカサブランカ?」
d0032782_21314811.jpg

何ごとにつけ・・脈絡がないっての案外好きだ
ステーキとカサブランカ・・特別な意味はない
d0032782_2132168.jpg

日曜日だというのに・・
滅法ガラガラなドライブ・・1時間も走ったら既に筑波の山のなか
陽射しは淡いが・・夏はすぐそばらしい
d0032782_2136162.jpg

ひとつ出品を終えて・・束の間の休息
運転・・変わろうか?
妻に頼んで・・ウトウトするのも悪くない
気がついたら・・我が家もすぐそばだった
d0032782_21321052.jpg


てつ56・・・more(11/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-07-02 22:23 | 食べ物