カテゴリ:風物( 70 )

night in 銀座

d0032782_23215777.jpg

もう少し行けば新橋の駅・・
そんな辺りのあずま通りだったかに
その小さな会社があった

大学4年の春・・
私は・・その会社の正社員だった
勿論・・月給ももらった
おまけに・・仕事上の便宜のためだが
営業部次長・・なんて肩書きまでついていた
d0032782_23221121.jpg

スーツを着て・・この銀座通りの左右を
セールスして歩いていた・・
3年生のときに・・ほとんど単位をとってしまって
だから・・大学には週に一日しか用がなかったのだ

卒業して・・ほんとにやりたいことはテレビだった
この会社を辞めて・・番組製作会社に入ったら
その会社も銀座・・また・・毎日銀座に通った
d0032782_23222361.jpg

毎晩毎晩・・深夜まで働いた
世の中・・まだ貧しかったが・・活気はあった
新米プロデューサーでも・・仕事はいっぱいあった
テレビが新聞から独立して・・ひとつの世界を作りつつあった
面白い時代だった
d0032782_2322381.jpg

あの頃・・銀座の夜は早かった
高級クラブ街を除けば・・店じまいは早かった
だから・・久しぶりに銀座の夜を歩いて
雨後の筍みたいに乱立し始めたブランド店が
結構遅くまで営業しているのにびっくりした
d0032782_23225276.jpg

当時だったら・・六本木か青山
仕事を終えて・・深夜にメシでも食おうとしたら
そこらまで足を延ばしたものだ
d0032782_2323584.jpg

銀座・・やっぱり懐かしい街・・
こんなにおしゃれじゃなかったかもしれないが
それでも・・ここは大人の街だった
by kamadatetsuya1017 | 2008-11-27 23:58 | 風物

笠間の秋

d0032782_22141541.jpg

特別な日を除けば・・ここはいつも閑かだ
ピリッとした冷たい空気が・・紅く染まる
d0032782_22131420.jpg

笠間の陶芸の丘の裏手に広がる静けさ
同じ季節のヨーロッパにいるような錯覚だって・・ここにはある
d0032782_22143395.jpg

美術館につい数日前まで展示されていた作品を
搬出するために・・また来た
独りだから・・久しぶりに真赤な秋を歩いた
d0032782_22144379.jpg

祭りのあとに賑わいはない
誰もいないから・・少し寂しいが
それが・・秋だ
d0032782_22163494.jpg

微動だにせずに・・小鳥がたたずむ
陶の小鳥・・ここが陶芸の丘だと知らされる
d0032782_22145354.jpg

空気が冷えれば冷えるほどに・・樹々は紅く染まる
燃えてるわけじゃないのだ
d0032782_2215834.jpg

あからさまな情熱だけが・・
ことを成就させるわけじゃない・・と
冷たい秋が・・教えてるのだろうか・・?
by kamadatetsuya1017 | 2008-11-18 22:32 | 風物

江ノ島・・ぶらり

d0032782_0302316.jpg

光りは・・明るさ
でも光りは・・影
d0032782_0304294.jpg

近頃・・逆光の影に魅かれる
d0032782_0305813.jpg

Tシャツ一枚でも快適な
冬には珍しい暖かな江ノ島の海辺・・
燦々とした昼下がりの日差しに
・・影を追った
d0032782_0311585.jpg

影は・・闇ではない
だから・・不安も恐怖もなしに
ゆったりと安らぐ・・

てつ56・・more(63/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2007-02-04 01:05 | 風物

こころのふる里

d0032782_22573685.jpg

頑固親父が死んで10日
まだ残務があるが
展覧会の搬入は待ってはくれない

木曜日に最後の窯を焚き
土曜日に開けて・・選び
今日の日曜日・・水戸へ走った

その帰路
半世紀の遠い昔を一瞬で蘇らせてくれる
私には忘れがたいこころのふる里を訪ねた
水戸からほど近い筑波山麓である
d0032782_22582369.jpg

地磁気を観測する研究所がある
戦前から戦後にかけて
ここに叔父がいて祖父母がいた

終戦直後の騒然とした時代
私の幼年期の思い出はここにある
のどかで牧歌的な田舎の景色の中に・・
大きな地球儀を表すこの門柱のそばに
いつも出迎えてくれた祖母の姿があった
d0032782_22584481.jpg

広大な敷地の中に
幾つもの研究室が建っていて
柔らかな芝生の上は
子どもたちの天下だった
兎を追って 小鮒を釣る夏の日々
祖父母の目の中で暮らしていた
d0032782_22594168.jpg

研究所の本館は・・・昔のまま
だから
ここに立てば・・いつでも私は幼い子どもなのだ

てつ56・・more(50/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-11-05 23:46 | 風物

オーシャン・ビュー

d0032782_0264814.jpg

彼が暮らす部屋のすぐ上に・・
窓に向かえば
オーシャン・ビューのレストランがある
d0032782_027361.jpg

彼が暮らす部屋からも・・
この壮大な太平洋が見える
あのヘリポートに着いて
そろそろ2ヶ月になるだろうか
d0032782_027197.jpg

一緒に食事をしたが・・
すぐ脇にカクテル・バーがあった
夜のオーシャン・ビューも悪くない・・らしい
d0032782_0273341.jpg

彼が暮らす部屋の並びのサロンで
海を見ながら・・話をした

きわめて深刻な診断をされた
別の病院での数ヶ月がうそみたいに
ここに来て・・
彼は急速に回復し始めた

壮大な太平洋が
彼に力を蘇らせたのだろうか・・
ここは南房総のK病院である
ホテルではない

しかも・・特別な金持ちしか入れない病院でもない
それでいて・・病院の様子は
かなりかけ離れて豊かな気分になる
海があるから・・きっとそれも確かだ

もしかしたら・・絶望を抱えた日々が
もしかしたら・・希望が見える日々に
病院って・・医療だけではない・・
そう感じる


てつ56・・more(42/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-10-01 01:21 | 風物

東京タワー

d0032782_19102581.jpg

夕食を済ませてから・・
ふと思い立って・・
芝公園の東京タワーまで走った・・昨日のこと
夜なら30分ほどの距離・・
d0032782_19103744.jpg

昭和35,6年のころ
出来たばかりのこのタワーを
階段だけで昇ったことがある
しかも下駄で・・
カランコロンの音を思い出すが
若かったなぁ・・18才くらいだったもの
d0032782_19105253.jpg

250mの特別展望台
さすがに高い・・
星屑のような無数の明かりの下に
人生の悲喜劇が・・
人生の幸不幸が・・
星の数ほど・・・

てつ56・・more(19/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-07-24 20:18 | 風物

レインボー・ブリッジ

d0032782_23225612.jpg

南総の鴨川まで一気に走って
病床の親友を見舞った帰り・・
この一枚のために
きびすを返した芝浦埠頭
d0032782_23231180.jpg

初めての夜景・・
初めてのレインボー・ブリッジ
hideさんに啓発されたモチーフ

真夏日の熱気が
まだ冷めやらぬ
人気のない夜の埠頭・・
d0032782_22123188.jpg


てつ56・・more(14/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-07-12 00:41 | 風物

風車のある景色・・

d0032782_22271341.jpg

佐倉11万石城下町で
オランダ風車をみつけた
印旛沼のほとり・・・
d0032782_22272789.jpg

飾り物ではない
だからホンモノの四枚の羽根が回ってた
もし・・巻き込まれたら
きっと命がけに違いない
d0032782_22273999.jpg

ゴッホの絵を見るような
牧歌的な湖畔に
羽根が風を切った・・
d0032782_22281727.jpg

確か・・本場のオランダでは
この建物の中に
風車を守る人々の営みがあった
d0032782_2229074.jpg

風は・・
決して静かではない
優しくもない
だから・・力なんだろな

てつ56・・more(10/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2006-06-29 23:22 | 風物

nothing,especially

d0032782_22431716.jpg

隅田川・・言問橋のたもと
程近いとこに・・A君の医院がある
先週の検査の結果を聞くため・・
24時間心電図モニターをつけるため・・
その帰り道・・川辺を散歩した
d0032782_22434048.jpg

A君は・・親子二代浅草で開業してる
私の・・私の家族のホーム・ドクターだ
昨日のイシイ・タカシも彼も・・同じクラスメイト
医者になる前からの長いつきあい・・なのだ
d0032782_22435576.jpg

「白血球 赤血球・・血小板その他・・問題ねぇな・・」
「尿酸・・腎機能・・これも基準値内・・」
「糖尿の気配もなし・・前回高かったのはやっぱり虎屋の羊羹のせいだな・・」
(念のためだが・・羊羹には罪はない・・
前回は予定外の検査だったため
虎屋で羊羹とお茶をいただいた直後の採血だったってわけなのである)
d0032782_22441057.jpg

「中性脂肪 コレステロール 悪玉・・なんもない・・」
「ご依頼の肺がん 前立腺がんマーカー・・まるっきりかすりもしねぇ」
「あのさ・・極めて不規則な生活してんのに・・珍しいほどいいデータ・・だ」
「念のために心電図モニターだけやっとこう・・」
d0032782_22442678.jpg

米印がついてたのはGOTとGPTだけ・・
普通なら肝機能障害を疑うデータだが・・
私の場合 
若い頃に機上で倒れてアラスカで入院したあの事件以来
ずっとこの数値が高い・・酵素の関係らしいが
気にしなくていいことになってる
d0032782_22444998.jpg

つまるところ・・nothing, especially・・問題なしってわけだ
制作に入ると徹夜も続くし・・夜食も食って・・煙草も吸ってる
そうしてみると・・実に幸運にも丈夫らしい

だからと言って明日何が起こるか・・わからないが
公園を歩きながら花を愛で・・こころから神に感謝した
by kamadatetsuya1017 | 2006-06-02 23:24 | 風物

そろそろ・・・

d0032782_22513668.jpg

幾らなんでも・・そろそろ収穫してくれんと・・・

d0032782_22515834.jpg

さてっと・・そろそろ降りるかぁ・・・

d0032782_22521943.jpg

おい・・そろそろ朝顔の季節やなぁ・・・

d0032782_22523710.jpg

俺だけ・・?そろそろ続いてこいよ・・・

d0032782_22544384.jpg

こりゃ・・そろそろ降るなぁ・・・

そろそろ帰って朝飯にすっかぁ・・なぁ桃次郎!
by kamadatetsuya1017 | 2006-05-24 23:06 | 風物