カテゴリ:旅( 3 )

斑鳩の里

法隆寺の素晴らしさは・・別に書こう
ともかく半日・・この荘大な聖徳太子ゆかりの寺で
いささか保湿能力に欠けた「我がこころ」は
飛鳥のみずみずしさに触れて蘇る思いだったからだ・・
d0032782_857518.jpg

法隆寺の土塀に挟まれるように歩き始めたこの道を
数キロ歩けば・・法起寺がある
これもまた別に書きたいことだが
大阪での「日本陶芸展」にお越しいただいたDR.Sに
「明日・・法隆寺を訪ねるつもり・・」とお話ししたら
是非にもと教えられた太子ゆかりの法輪寺 法起寺のひとつである
d0032782_9351722.jpg

車は法隆寺に預け・・ホトホトと歩いた
こんな日は・・年に何度あるんだろう・・と
そう思わせる五月晴れ・・斑鳩の里に涼風が吹きぬける
d0032782_8581232.jpg

法隆寺の五重塔を背に歩き始め
やがて法輪寺の三重塔が見え・・
過ぎれば遥か彼方に・・法起寺の三重塔が目に届く
まるで・・狼煙が目印のインディオの道しるべみたいだ

やがて目の当たりにすれば・・それはあまりにさりげないが
1500年からの悠久の「時」に濾過された仏のこころがそびえていた
法起寺の三重塔・・国宝である
d0032782_8583377.jpg

殆ど訪ねる人もない月曜日の昼下がり
この閑けさこそ・・飛鳥の斑鳩に違いない
この国宝の前に立った刹那・・
胸をよぎったものは・・ルーブルのミロだった
ホールに何気なく置かれたあのヴィーナスである
歴史的な遺産は・・
遠くに眺めるのではなく・・近くで感じるものであってほしい

手でふれてはいけないが・・
触れたければ触れられそうなところにある・・
その距離が・・歴史にタイムスリップさせるのだ
d0032782_8584914.jpg

この南大門・・ふと羅生門の映画を思い出す
まるで破れ寺のごとき風情だが・・それも自然
見る・・ではなく・・居る・・それが自然だと
d0032782_859839.jpg

繊細とか華奢ではない分・・ずっしりと胸に迫る三重塔
平安と平城の違いかもしれない
バロックとロマン派を隔てる空気
ここに似合うのは・・ショパンではない・・バッハだと思う
d0032782_8592217.jpg

そんなことを思い浮かべながら・・
この即席みたいなブロックベンチで
いつの間にか・・2時間近くが過ぎていた
d0032782_8594333.jpg

ここが京都なら・・
壊れそうな庫裡をほってはおくまい
d0032782_90456.jpg

蓮池に・・毎年のように蓮は健気に花をつけているが・・
d0032782_901718.jpg

ひとが作ったものは・・やがて傷み・・壊れる
しかし・・全てを括って・・そこに居合わせる
だから・・ここで2時間があっという間だったのだと・・思う

名所旧跡・・「所」も「跡」も場所だとは思いたくない
そこに漂う空気と時間・・たっぷりと味わうことができた
久し振りの旅の醍醐味だったような気がする
by kamadatetsuya1017 | 2009-05-22 10:16 |

こんな旅もあったっけ・・!

d0032782_2212148.jpg

今夜は・・月に一度の「サード・フライ」
高校時代の悪友が京橋のレストランに
何とはなしに集まる日

そこでこんな話題になった
「一流ホテルの一番安い部屋」と「三流ホテルの一番高い部屋」
どっちに泊まる・・?・・で始まった
結論は・・前者
理由は・・ユーティリティーは共通で
一流のほうがいいに決まってる・・からだった
部屋は安くても・・サービスは一緒
とりわけセキュリティーは・・一流がいい

それにつけても思い出す旅がある
d0032782_21421948.jpg

丁度40年前の1968年秋のバンクーバー
アルバムにこれが貼ってある
メイプルリーフの押し花
カナダドルの1ドル紙幣・・そして
Abbotsford Hotelのレターヘッド
1週間の取材の間・・このホテルに泊まったのだ
d0032782_2144629.jpg

バンクーバーの街の中なら
どこからでも見えた・・この大きな建物
バンクーバー・ホテル・・一流である
一二度食事に入ったが・・泊まるには高すぎた

ここで食べた「オールドファッションド・パンケイク」
つまりは・・ホットケーキのことだが
分厚くて・・大きくて・・たっぷりとメープルシロップがかかって
忘れがたい美味だった・・
d0032782_21441654.jpg

1週間を過ごしたアボッツフォード・ホテルが・・これ
右奥に・・縦の看板が見える
今でもあったら・・怒られそうだが
決して一流とはいえない

当時の取材ノートには
4人で1週間泊まって・・128ドルとある
いくら360円レートの時代とはいえ
これは木賃宿レベルだが
ここのフロントにいたジョーンズという女性の人情味
40年たっても・・思いだす

「世界の結婚式」の取材は・・
このバンクーバーで始まったが
プロデューサー1名
ディレクター1名・・カメラマン2名
時代のせいもあったが貧乏な取材旅行だった

だから・・『三流ホテルの一番安い部屋』
しかし・・それでも青雲の志は
燃えたぎっていたっけ・・
d0032782_21442918.jpg

このときのカップルが・・リーランドとネリー
カナディアン・パシフィック・エアラインズの
パイロットとスチュワーデス
二人とも26歳・・私と同じ歳だった

健在なら揃って66歳・・
孫でも抱いているころだろうか・・?

おまけは・・more・・で

More
by kamadatetsuya1017 | 2008-10-17 23:08 |

伝説

d0032782_9573589.jpg

近衛兵というのは・・日本の場合天皇を守る兵隊
だから往時の軍隊では・・名誉な軍役だった

その近衛士官は・・偉い士官だったらしい
何故なら・・
天皇の閲兵の折りに・・
馬に乗って兵を指揮してたからだ
詳しいことはわからないが
もっと偉い指揮官の副官だったとか・・

天皇に向かって整列する兵隊を
馬に乗って指揮するとは・・つまり
天皇に背を向けることになる

この話・・以前に一度書いた覚えがあるが・・
折々の折り でものはれもの
我が家に伝わる伝説は・・ここから始まる
私にとっては見たことも会ったこともない
大叔父のひとりにまつわるエピソード
明治天皇の御代の話である

この騎乗の偉い士官さん・・
何やら号令をかける段になったが
気張って大声で号令した・・その途端・・
思いもかけず・・ほんとに思いもかけず
一発・・ブイと放屁してしまったらしい
・・出ちゃったんですなぁ・・
勿論・・意図してのわけはない
モラル欠如の昨今とはわけが違う
何せ・・明治時代の話なのだから・・

その屁は・・
そこが偉さの不運なのだが
背中に立たれている天皇めがけたみたいになるではないか
これは由々しきことである

それに更に不運にも
天皇と自分の間に騎乗していた
もっと偉い指揮官さんに聞こえてしまった・・
同情はすれども・・「ほっとけねぇ!!」・・である

どういう経緯をたどってか・・
この士官さん・・左遷されることになった
それはそれで幸運だった
徳川時代だったら・・切腹だったかも

左遷された行き先が・・
それが丹波篠山だったとか・・

我が一族に伝わる・・放屁伝説
若いころ・・死んだ親父に聞いた話だが
妙に親近感を覚えて・・
工房でロクロをまわしながら
思わず力んで・・ブイッ!の際には・・
どうしても・・思い出すのである

ちなみにこのフォト・・
先日 岡部嶺男展で訪ねた
東京国立近代美術館工芸館だが
もとは・・
近衛師団司令部だった建物である
d0032782_9432289.jpg

私にとって・・忘れがたい『丹波篠山』
とうとうこの地を訪ねる初めての旅は・・
丹波焼きを訪ねる旅でもあり
伝説をたどる旅でもあった

d0032782_1181874.jpg

ひとことで言うなら
丹波篠山は・・
断じて左遷って雰囲気の場所ではない・・
むしろ・・栄転である
こんな素晴らしい里山・・
四斗谷川のほとりに立って
首を一回りするだけで
ひとは・・ひとらしいこころを取り戻すだろう

平安の時代からこのかた
窯元の集落を包むように緑豊かな丹波は
備前 越前 信楽 瀬戸 常滑とともに
六古窯のひとつなのだ
d0032782_1126151.jpg

篠山城は・・
家康直々に築城を命じた要路の拠点
初代城主の周防守康重は家康の実子
城のもつ意味合いも判ろうというものだが
その康重の前任地が・・
なんと笠間城ってのがいいではないか・・
笠間から・・丹波へ・・
やっぱり栄転である
d0032782_11353167.jpg

銘菓で茶を喫し・・
これほどの天気に恵まれることも少なかろうと
薫風を満喫した丹波
窯元を訪ねての探訪も
日を変えて・・のつもり

日本陶芸展大阪展・・の翌日
恒例で・・独りドライブをしながらの
素晴らしい一日だった・・

てつ56・・more(77/569)

More
by kamadatetsuya1017 | 2007-05-22 11:57 |