難産

沢山コメントをいただいて・・こころから感謝です
今夜仕事の後で・・レスするつもりでいます
ありがとうございました・・1/6



d0032782_2344482.jpg

この一ヶ月半ほど・・・
自由になる時間の殆どを工房で過ごした

頭の中には・・
コンセプト通りに
思いのままに変化した器が
くっきりと見えるのに
窯の扉を開ける度に・・
失望に苛まれる

やきもの・・って
こんなに難しかったっけ・・?
久しぶりに打ちのめされて
思い知らされている

9ヶ月あるから・・・・そう言ってくださった
ギャラリーの庵主さんの好意も
思いがけない闘病に邪魔されて
気がつけば・・あと2ヶ月しかない

一心不乱の中からしか
活路は見つからないことを
今までの経験で知っているから
今しばらくは・・・工房で寝泊りしよう

ここにアップした器は
個展のために作り始めた試作の一部
全ては・・墨染めに包まれて
見込みに施された加飾や釉薬が
ひとつに収斂してはくれないだろうか・・
包むとは・・
異質を同化させる触媒なのだと
漠然と・・そんな思いをこめている
d0032782_2345038.jpg

こんな言い方があるかどうか・・
墨染めの粉引き・・
墨染めの黄瀬戸・・
自己主張の強い伝統の発色も
墨染めで包めば
同じ卓の上でも大人しくするかもしれない
d0032782_2345136.jpg

まだ暫くは・・そんなわけで
落ち着かない日々に違いない
更新が思うに任せない我侭にお許しを・・

何人かの方に
身体は大丈夫かとメールをいただいたりしている
緊張と多忙が
身体をシャンとしてくれるのかもしれない

ご心配おかけしたことをお詫びし・・
同時にこころからお礼を申し上げます
by kamadatetsuya1017 | 2007-11-28 00:32 | 陶芸
<< 遅ればせの『謹賀新年』 老い・・を >>