久ぶりに本業を・・

d0032782_232813.jpg

直径24.5cm 高さ8.5cm
高さの誤差は限りなくゼロに近く
直径は2mm以内と決めている

素焼きを終え・・これから釉掛けして
本焼きを待つばかりである

同じモチーフで寸分たがわぬ絵を二枚・・
画家にはしない要求である
しかし・・陶芸家なら幾らでもあり得る
陶芸が工芸である所以・・
つまり職人技とはそういうものである
d0032782_2325942.jpg

芸術的な表現をもくろむ陶芸とは別に
組み物を作る陶芸も・・実はとても面白い
手と目を使って・・同寸同姿に挽きあげる技は
100回打ては100回ともコーナーいっぱいに
打ち込んでエースをとるテニスのサーブみたいなもので
スポーツのような爽快さがあるのだ
d0032782_2331277.jpg

だから・・
糸抜き波状紋大皿を加飾してるときの
あの息のつまるような緻密さのストレスは
組み物つくりで発散させるのかもしれない

てつ56・・more(59/569)






d0032782_2334251.jpg



『何をするにせよ・・
核心をつくってことが大事だ
それは誰でも知ってる

問題なのは・・
何が核心かを知ることだが
これは案外難しい

例えば・・
同じ姿で同じ寸法の器を
轆轤で幾つも挽こうとしたら
手順と手つきを揃えないと叶わない
同じ手順で同じ手つきをくりかえす
それが秘訣である
目で見た姿と寸法を追うのは
実は・・この場面では核心ではない

雨漏りする天井の
その真上に穴があるとは限らない・・
核心とは・・つまりはそういうことなのだ』 てつ56

-------------------------------
あまり核心をつかないほうがいいのが・・
おとことおんなの恋心
あばたがエクボに見えるとしたら
そりゃもう・・
「核心」からはほど遠いことだもの
by kamadatetsuya1017 | 2007-01-09 23:58 | 陶芸
<< 芽生え 黎明 >>