SPレコード

d0032782_22165517.jpg

我が家のどこかにあるはずだと・・
そう思ってもなかなか見つからなかったものがふたつある

ひとつは・・
ビートルズの日本公演のときの未使用のチケット
テレビの仕事を始めたばかりの新米プロデューサーだった私が
主催者からもらったものだった

もうひとつがこれ・・
懐かしいSPレコードのアルバムで
ベートーヴェンのピアノ協奏曲NO5「皇帝」である

亡父の遺品を整理していたら
書架の隅から見つかった 
d0032782_22178100.jpg

ネットから直接ダウンロードできる時代に
音源の歴史をたどっても時代錯誤かもしれないが
エジソンが発明したフォノグラフは1877年らしいが
SPはその時代から数えたほうが早そうな音源だった

78回転・・LPの33回転より更にスペースを食うレコードで
エボナイトが原料だったから・・やたら重かった
d0032782_22172041.jpg

このベートーヴェンのピアノ協奏曲NO5「皇帝」は
およそ40分強の曲だけど
CDなら一枚でたっぷりおつりがくるのに
なんと五枚組である
3~4分毎に裏返して針を置く
面倒な仕掛けだった
d0032782_22173952.jpg

ルドルフ・ゼルキンのピアノ
私の少年時代にすでに巨匠だった
ユージン・オーマンディー指揮のフィラデルフィア管弦楽団
半世紀近く常任指揮者だったから
彼のオーケストラとも言えるほどに
定番の組み合わせだった

若き日の今は亡き我が頑固爺さん
自分で作った大きな電蓄に
これを乗せて針を落としていた
時々 裏返すのを手伝った覚えもある

折角見つけたアルバムだが
これを聞く装置がない
幼馴染の親友にその道の専門家がいる
相談してみようかと・・

てつ56・・more(56/569)





d0032782_22182916.jpg

『年明くる 際に捨てたきもの愛し  拙句 
 
一年というのは実に微妙に適当な時間の長さである
野球で言えばピッチャーズマウンドとホームベースの距離のようなもの
もう1メートル短ければ誰も打てないだろうし
逆なら打たれずに済む投手はいるまい
 
覚えておきたいことも
忘れてしまいたいものも
ほどほどに心に積もって一年は終わる
そうしたものを整理して
新しい年をどう生きようとするか
大晦日と元旦の際(きわ)に
ひとはひとしきり身ぶるいするものだ
 
この一年、誰しも同じだろうが
上手くいったこともいかなかったことも色々ある
上手くいったものだけに執着すればそれ以上にはなれず
さりとて上手くいかなかったことにこだわれば自信の喪失でしかない
 
起きたことのひとつひとつを思い返し
その上で新しい挑戦に踏み出そうとすれば
捨てたものさえ愛しいものに思える』 てつ56


---------------------------------------
この一文・・
2005年の元旦に
HPの折々の折りに書いたもの

今年もまた
色々捨てねばならないものがある
捨てなければ・・
新しいものを入れる場所さえ覚束ない

それもまた歳をとったことの証かもしれない
  
by kamadatetsuya1017 | 2006-12-21 23:21 |
<< 冬ざれの朝露にも・・ 花惜しみ・・ >>