My cock-pit

d0032782_0098.jpg

一度轆轤を回し始めたら
滅多に席を立たない
だから
座ったまま何でも手が届く
リズムを壊したくないからだ
畳半畳ほどの轆轤周り・・
ここが私のcock-pitである
d0032782_015480.jpg

少し気合を入れて
本気で仕事するとき・・
最初にやることは
轆轤周りの掃除
d0032782_021851.jpg

すっきりした轆轤にすると
何故か自然にやる気が起こってくる
使いそうな道具を選び
それもまたきれいにして
「やるぞぉ~~!」というわけだ

その結果は・・more・・で



d0032782_032365.jpg

13キロほどの粘土の塊り
真ん中に拳固で穴を開けるところから
仕事は始まる
d0032782_033623.jpg

やがて20分もすると・・
こうなるわけである
およそ60センチほどの大皿に化けた
d0032782_034918.jpg

次ぎの出品のための準備が始まった
素焼きができたら
気が遠くなるような細かい作業が待っている
さて・・どうなるだろう・・
by kamadatetsuya1017 | 2006-04-13 00:27 | 陶芸
<< 落日の黙(もだ)に・・・ shadow of your ... >>