袱紗・・・江戸小紋

d0032782_231474.jpg

大分前に私が焼いた茶碗・・萩の土を使っている
若草色に染めた江戸小紋の袱紗の上に置いてみた
d0032782_2394815.jpg

今 ライフワークのように取り組んでいる「糸抜き波状紋大皿」
このモチーフの発端になったのが江戸小紋だった
一寸四方に百を越える極細の紋様を打ち抜いて染めた江戸小紋
遠目には無地だが・・近くに寄れば紋様が・・
これが大好きな江戸の粋である
d0032782_2321083.jpg

この伝統芸を今に継いで
人間国宝になった職人さんが小宮康孝さんである
親友を介して頂戴したこの袱紗は
私の仕事の大事な資料でもある・・・
d0032782_2322193.jpg

これを手にするたびに
丹精込めて・・・仕事の原点に帰る思いがする

チョットだけ続きは・・more・・で





d0032782_237284.jpg
d0032782_2371639.jpg
d0032782_2373010.jpg

by kamadatetsuya1017 | 2006-03-23 23:39 | 陶芸
<< 戸定館の桜 Apology to flower >>