Violin

d0032782_23104118.jpg

ヴァイオリンが今の姿になったのは
家康が将軍だったころである
それから400年・・ほとんど変わっていない
変えようがないほどに・・完成された木工芸術でもある

諏訪内晶子 高嶋ちさ子さんが使ってるストラド・・
ストラディヴァリは
8代将軍吉宗のころに作られたものだ
今でも聴く者のこころを揺さぶる・・
d0032782_23105576.jpg

表板は松 裏板は楓・・
この二枚の板の間で限りなく共鳴した音は
この f 字溝から耳に届く
だれが考えたのだろう・・・
これが f でない姿は想像できない
d0032782_2311842.jpg

湯浴みする女性のうしろ姿・・俗説だが・・
そうかもしれないと思わせるほどに美しいシルエット
糸巻きの渦は
たくし上げた髪の毛とでも・・
d0032782_2311191.jpg

少し高価だが羊腸弦を使えば
それはバッハやモツアルトへのノスタルジーかもしれない
d0032782_23113045.jpg

何を撮ってみようか・・・
花や自然に伍して人間にだって
こんな美しいものも作れる
それがヴァイオリンなのだ

私が子どもの頃に使ったヴァイオリン
勿論ストラドのような名器ではないが
1952年 日本人の製作者の手で作られた
半世紀の間・・私の手許にある

今ではひどい音しか出せないのがわかっているから
弾くこともないが・・
楽器にとって・・それは不幸なことだ

暫くの間
弾ける者が弾けば
きっと・・優しい音色が蘇るだろう
by kamadatetsuya1017 | 2006-02-27 00:16 |
<< アッツ桜 樹景・・ >>