D200

d0032782_2257998.jpg

最初にデジカメを買ったのは
知人に頼んでHPを作ってもらったときだった
Finepix1300 確か9000円ほどのものだった
その知人に頼んで買ってもらった
陶芸家のサイトだから
せめて器の写真を少しは載せたかったのだ

少し勉強して
やっと自分の手で新しいサイトを建てなおしたとき
二台目を買った ニコンのCoolpix4300
一台目に比べたら なんと高機能なのかと驚いたりもした
器がきれいに撮影できるようになったのが
何より嬉しかった

しかし
人間って欲張りなものだ
もっときれいに撮影したくなる
とりわけ
私のライフワークみたいな「糸抜き波状紋」は
カメラ泣かせの難題である
腕もさることながら
レンズの性能に頼るしかないところがある

ニコンの最新機種がD200
発売されてまだ一ヶ月にもならない
いささか手に余るカメラだけど
思い切って乗り換えたのは
そういうわけで
波状紋のせいということにした

まだ外に持ち出して一枚も撮っていない
幾つものボタンのひとつひとつで
何ができるのかを指で覚えるのが先きだからである
こういう写真が欲しければ
どういう設定にすればいいのか
指でまさぐって馴染むしかない

時間があると部屋や工房で
あちこちめがけてシャッターを切っている
「モードボタンを押しながら 
メインコマンドダイヤル回してオートにし
サブコマンドダイヤルで好みの絞りに・・」

こんな組み合わせが幾つあるだろう
全部とは言わないが
やりそうなことは覚えねばなるまい

残りの人生で
四台目に乗り換える暇はなさそうだ・・・
by kamadatetsuya1017 | 2006-01-11 23:39 |
<< クラシック・カメラ メッセージ >>